宇都宮浄人氏

 ―JR西日本が「単独で維持できない」赤字路線を公表しました。一部の自治体は「負担を押し付けられる」と警戒しています。

 まず考えてほしい。鉄道は「JRのため」ではなく、「地域のため」にあるのではないか。それなら地域がコントロールできる仕組みにして、使い勝手を良くした方がよい。JR西の問題提起を「チャンスだ」と思ってもいいくらいだ。

 ―どの範囲まで鉄道で残すべきだと考えますか。