あめせつがやってきました。きょうはあめるかどうか、「こうすいかくりつ」がになる毎日まいにちです。こうすいかくりつというのは、あめふゆならゆきも)がのうせいのこと。みなさんは、なん%くらいだったら雨傘あまがさってかけるでしょうか。

 こうすいかくりつ30%じょうになると、雨傘あまがさひとえるといわれています。きゅうにあてはめてみると、りつ3わりじょう。これはかなりヒットをってくれる、たよりになるバッターですね。

 こうすいかくりつは、おんかぜなどのしょうデータを、むかしのものとらしわせて計算けいさんしています。たようなしょうじょうけん100かいあったあい、そのうちのなんかいあめったかをあらわしています。100かいのうち80かいっていたら、こうすいかくりつ80%あめりやすさをあらわしているのです。

 こうすいかくりつたかければザーザーりかというと、そうでもありません。こうすいかくりつは「1ミリじょうあめ確率かくりつ」を計算けいさんしているので、シトシトあめか、ザーザーりなのかはわからないのです。こうすいかくりつ80%でシトシトあめったりやんだりのこともあれば、30%でもゴロゴロかみなりってつよあめったりすることがあります。あめかんながさも、こうすいかくりつには関係かんけいありません。

 そこでぜひみみかたむけてもらいたいのが、わたしたちしょうほうはなしです。テレビのしょうコーナーなどでは、どのほうあめかたたいてきつたえています。「シトシトあめながつづきそう」とか「はげしいらいちゅう」とか「ってもみじかかんでやむみ」といったあいです。ことしの梅雨つゆは、てんほうを「る」だけでなく、しっかり「いて」みてください。(しょうほう