【崇徳―瀬戸内】第2セット、崇徳の岡野(右端)がスパイクを決め、5―3とする

【広島県高校総体】(11日、広島市マエダハウジング東区スポーツセンター)

 バレーボール男子は、崇徳が5大会連続58度目の頂点に立った。脇田孝太郎主将は「日本一を目指す中で、県大会で足をすくわれずに勝ち切れたのは良かった」と冷静に話した。