大塚教授(左から2人目)の案内で干潟の生き物を観察する児童

 広島県竹原市竹原町の賀茂川河口に広がる「ハチの干潟」(最大約22ヘクタール)で13日、地元の竹原西小5年生27人が、希少な生き物たちの生態を学んだ。