庄原署

 広島県庄原市内の勤務先の小学校教室に盗撮目的で小型カメラを設置したとして、庄原署は18日、同県三次市の小学校教諭の男(27)を建造物侵入と県迷惑防止条例違反(盗撮準備行為)の疑いで逮捕した。男は「設置したことに間違いない。指導が目的だった」と供述しているという。

 逮捕容疑は、9日午前7時半ごろから10日午前11時50分ごろまでの間に、教室に侵入して小型カメラを設置した疑い。同署や庄原市教委によると、教室は理科室で、授業以外に高学年の児童が更衣室としても使っており、カメラが設置された間も着替えがあったという。児童が10日の授業中に教室の壁に設置されたカメラを発見し発覚した。

 教諭逮捕を受けて庄原市教委は18日夕、記者会見を市役所で開き、