六回、途中登板したターリー㊧を迎える森下

 【ヤクルト10―6広島】(18日、神宮)

 広島東洋カープはセ・リーグとの対戦が再開してから、2連敗となった。

 先発の森下暢仁は序盤からピンチが続き、球数がかさんだ。六回、山崎に逆転3ランを浴びるなど、5回2/3を4失点で降板。プロ入り初めて神宮球場で黒星を喫した。打線は会沢翼が1号ソロを放つなど13安打で6得点した。結果的には、中継ぎ陣が七回に5失点したのが響いた。