完成式典で看板について説明する住民グループのメンバー。左奥が出合橋

 国特別名勝の三段峡の玄関口にある出合(であい)橋(広島県安芸太田町)を紹介する看板が、橋のそばの国道191号沿いにお目見えした。2020年に公益社団法人土木学会(東京)の選奨土木遺産に認定されたのを受け、住民グループが管理者の県に設置を働きかけた。