男性が刺された現場付近を警戒する警察官(21日午後5時6分)

 広島市安芸区矢野西5丁目の尾崎神社で21日に同区の男性(39)が刺されて重傷を負った事件で、海田署は22日、知人の無職の女(40)=中区=を殺人未遂の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、21日午後3時5分ごろ、尾崎神社の境内で、男性の背中を刃物のような物で数回突き刺すなどして殺害しようとした疑い。「故意に突き刺すようなことはしていない」と供述しているという。

 発生直後、男性から「ナイフのような物であばらを刺された」と119番があった。神社の防犯カメラには、男性と一緒にいた女が現場を立ち去る様子が映っており、同署が行方を捜査。21日夜に市内で発見し、身柄を確保した。凶器は見つかっていない。

 同署は、2人の間で何らかのトラブルがあったとみて調べている。