ひろしまベンチャー助成金贈呈式であいさつする高上さん(右端)たち4人

 広島修道大(広島市安佐南区)商学部4年の高上拓也さん(22)たちのチームが、第28回ひろしまベンチャー助成金(学生枠)で「ひろしまヤングベンチャー大賞」を受賞した。

 同助成金は、広島県内に在住または在学している大学や専門学校などの学生の新規性、独創性、地域貢献性のあるビジネスアイデアや事業プランに対し、公益財団法人ひろしまベンチャー育成基金が助成する。

 高上さんは、プロジェクト学習型のインターンシップに参加し、県立広島大と安田女子大の計4人で事業プラン「体験を手元に残すカードコレクションゲーム~Yattem(ヤッテミ)!~しぜんに学び、きたいを何度も」を考案。高上さんはチームの代表も務めた。

 同プランは、中山間地域の観光産業の発展と交流人口の増加を目的に、各地の体験スポットと子どもに人気の高いカード収集を結び付けた。各スポットの訪問者にカードを発行し、都市部に住む子ども連れ家族の回遊を促す。

 高上さんは「自分が面白いと感じる心を大切にして挑戦してほしい」と同世代の学生にメッセージを送った。(広島修道大4年 藤原杏)