平山郁夫「アンコールワット遺跡 朝陽」1992年

 平山郁夫は中学3年のときに広島県広島市内で被爆し、生涯を通じて平和の祈りを込めて絵を描き続けた。