広島県警本部

 国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金と家賃支援給付金計約592万円を不正受給したとして、広島県警捜査2課と東広島署は23日、東広島市西条町田口、弁護士で会社役員の加島康介(47)と広島市南区東雲2丁目、会社役員熊本俊二(56)の両容疑者を詐欺の疑いで逮捕した。県警によると、新型コロナ給付金の詐欺容疑で弁護士が摘発されるのは全国初。