3日間の日程を終えて閉幕した核兵器禁止条約の第1回締約国会議

 核兵器の製造や保有を禁止した核兵器禁止条約の第1回締約国会議は23日、3日間の日程を終えて閉幕した。核兵器保有国ロシアのウクライナ侵攻を背景に、高まった核兵器のリスクに警鐘を鳴らし、廃絶を訴える「宣言」と「行動計画」を採択した。

 宣言は、核兵器を二度と使われないことを保証する唯一の手段は廃絶だとして、核兵器のない世界の実現へ即時行動を呼びかけた。核兵器の非人道性を長年訴えてきた被爆者にも言及し、「貢献を称賛する」とたたえた。

 行動計画は、被爆国日本や核実験の被害国を念頭に、核兵器廃絶に向けた協力を要請。禁止条約と、米国など核兵器保有国が加盟する核拡散防止条約(NPT)は補完関係にあると強調し、核軍縮を巡る対立解消を図る方針を明記した。