西日本豪雨で避難所となった広島市安芸区の矢野南小体育館(2018年7月18日)

 20187月の西日本豪雨で被害の大きかった広島など3県の被災者で認知症の高齢者が増えていたことが明らかになった。広島大大学院の鹿嶋小緖里准教授(環境疫学)たちのチームが、災害前後2年間のレセプト(診療報酬明細書)約3億枚を分析。被災後は認知症治療薬の処方が増えており、災害による環境の変化や避難所生活でのストレス、介護サービスの休止などが要因とみている。