「沖縄鉄血勤皇隊」大田昌秀編著(高文研)

 ●「沖縄鉄血勤皇隊」大田昌秀編著(高文研)

 5年前の6月12日。息を引き取ったその日は92歳の誕生日でもあったという。元沖縄県知事の大田昌秀さん。熾烈(しれつ)な沖縄戦を生き延びた体験から、研究者として、政治家として、命の重みを伝え続け、平和を脅かす米軍基地問題の解決に心血を注いだ人である。くしくも同日出版されたこの編著書は「遺言」とも言える一冊となった。