球速が戻り、調子を上げてきた島内

 広島の島内の剛球が威力を増している。24日のウエスタン・リーグ、阪神戦(鳴尾浜)では、150キロオーバーの直球を軸に五、六回を無失点に抑えた。「球速が上がれば、どんどん攻めていける。変化球も生きるし、投球を楽にできる」と手応えを感じている。