ドローンを使い要救助者を見つける訓練をする参加者

 益田署は28日、民間企業と協力し、豪雨災害に備えた訓練を実施した。署が使用不能になった場合の指揮機能の移転や、ドローンでの被災者の発見などの手順を確認した。