中電との新たな協定について記者会見で説明する平井知事(鳥取県庁)

 中国電力島根原発(島根県松江市)の事故に備えた防災や避難計画に関する中電の責務を明確にするため、立地自治体の島根県と30キロ圏の周辺自治体の鳥取県は76日、中電と「原子力防災協力協定」を締結する。立地・周辺自治体に策定義務がある避難計画を巡り、両県と中電が連携すると明記。中電が鳥取県の原子力防災費用を負担する根拠にもなる。