7月に入り、夏休みが近づいてきました。今回は、読書についての話をします。僕がこれまで児童や生徒、保護者からよく聞かれたのが、「どんな本を読めばよいか」と「どうすれば読書を継続できるか」でした。これら二つの問いに一挙に答えるのが、僕が「人中心の読書」と呼んでいるものです。