塚村さん(右端)が指導し、練習に励むメンバー

 広島県福山市笠岡町を拠点に活動する「のほほんミュージックサークル」が福山城築城400年を記念した歌を作り、来月のCDリリースに向け練習に励んでいる。先人の歩みや大切にしてきた思いを音楽に乗せ、城下町として末永く繁栄していくように願いを込めた。

 題名は「未来へつづけ城下町(福山)」。歌詞には、福山空襲を乗り越えて知った命の大切さや暮らしを支えてきた芦田川、市花のバラを盛り込んだ。