本社工場製造部 副部長
沖 剛史(おき・つよし)氏

 

 あんに広島県産小豆を使用した「生もみじ(粒餡(あん))」を61日、発売しました。3年前から取り組む、県産小豆を使ったお菓子作りの一環です。粒の大きさが際立つ大納言小豆で作った粒あんを、県産の米粉を使ったもちもちした生地で包みました。直営店でばら売りのみ販売しています。地産地消にこだわった「生もみじ」を、ぜひ味わってみてください。

 いつ食べてもおいしいと感じていただけるよう、定番商品を時代に合わせて変化させています。このほど、あんの入っていない一口サイズのカステラまんじゅう「紅葉焼(もみじやき)」を、約30年ぶりにリニューアルしました。生地に牛乳を混ぜ、香りよく、しっとりした食感に仕上げています。4月に、ミルク味とチョコレート味の2種類を「もみじやき」として発売。早速ご好評いただいています。

 当社の商品の多くは、お客さまの意見を取り入れて開発したものです。店頭での何げない会話も含め、お客さまの声を第一に、喜んでいただけるお菓子を作り続けます。

広島県産小豆を使った「生もみじ(粒餡)」