マツダ本社

 マツダが29日発表した5月の生産販売実績によると、国内生産は34651台と前年同月を30・2%下回った。新型コロナウイルスの感染拡大による中国のロックダウン(都市封鎖)で部品の調達難が続いた。5月としては比較できる1979年以降、コロナ禍で減産した2020年の13695台に次いで2番目に少なかった。