広島の被爆者7団体は30日、86日の原爆の日の日本政府への要望で、核兵器禁止条約に署名・批准するよう求めることを決めた。ロシアのウクライナ侵攻や核兵器使用の示唆を踏まえ、被爆地が地盤の岸田文雄首相(広島1区)に核兵器廃絶の先頭に立つよう訴える。