原子力防災訓練に参加する2県6市の担当者たちが参加したウェブ会議

 島根、鳥取両県は30日、中国電力島根原発(松江市)の30キロ圏内の26市などが参加する2022年度の原子力防災訓練を11月7、12日に実施すると明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大で21年度は見送った住民参加も想定し、多様な手段による実動避難や情報伝達の手順の確認を重点に掲げる。