取材の際には動画撮影に力を入れている。文や写真だけでなく、映像が中国新聞のユーチューブチャンネルに載ることでより多くの人にニュースを発信できる。