国会議事堂

 10日投開票の参院選の争点の一つである憲法改正を巡り、中国新聞社は2日、中国地方4選挙区の候補者を対象に実施したアンケート結果をまとめた。全27人のうち25人から回答があり、憲法9条への自衛隊明記案には12人が賛成。合区を解消し、各都道府県から参院議員を少なくとも1人選出する案は賛成が10人で4割を占めた。

 参院選では、憲法改正に前向きな「改憲勢力」が国会発議に必要な3分の2以上の議席を占めるかどうかが焦点。アンケートは自民党が掲げる改憲4項目について