時代の変化を的確に捉える感覚や批判精神がドキュメンタリーには欠かせない。改めて感じさせられた。東京五輪の公式記録映画である。