ゲーム形式の練習で軽やかな動きを見せる菊池GKコーチ(左から2人目)

 現役時代をほうふつさせるような軽やかな動きだった。林の負傷離脱でGKの人数が足りない中、ゲーム形式の練習でゴールマウスを守ったのは菊池GKコーチだった。好反応でシュートを次々と止め、注目を一身に集めた。