九回、広島無死一塁、マクブルーム(右端)がサヨナラ2ランを放ち、本塁でナインの祝福を受ける(撮影・山本誉)

 打球が高く上がり、一瞬静まったスタンドがお祭り騒ぎに変わった。マクブルームが人さし指を突き上げ、拳を握る。サヨナラの92ラン。「何か起こりそうな予感があった。自分か坂倉か、次のチームメートか」。最高の結果で自らが連日のヒーローに。佐々岡監督と強く抱き合った。