広島県広島市で、共働きやひとり親家庭の小学生を預かる放課後児童クラブの待機児童数が51日時点で165人となり、2021年の同時期の40人から125人増と大幅に拡大した。市教委は新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて20、21年から利用数は大きく伸びないと見込んでいたが、想定を上回る申し込みがあった。