広島県の新病院構想で、広島都市圏で役割分担や連携を検討する医療機関として、県は新たに4病院を加えた。いずれも入院が必要な救急患者を受け入れる2次救急医療機関。構想では新病院に救命救急センターを設ける案があり、連携が欠かせないと判断した。