広島県東広島市は6日、河内町宇山の集会所「宇山コミュニティホーム」の北側の畑で、クマらしき動物の足跡が見つかったと発表した。市農林水産課によると、同日早朝、近くの男性が畑内を横切るようについた数カ所の足跡を発見。河内支所に連絡した。支所職員が現地を調べ、長さ15~20センチの足跡を確認。クマの可能性もあるとして、河内小中などに注意を呼びかけた。