2年時に福山電波工を準優勝に導いた浅野

 創部3年目の新鋭校、福山電波工(現近大福山)2年生右腕が、8年ぶりの優勝を狙う古豪広島商の夢を断った。1965年の準々決勝。浅野啓司は同じ2年生の三村敏之らが並ぶ強力打線を1点に抑え、サヨナラ勝ちを呼び込んだ。