【阪神―広島】四回、山本に勝ち越しの中前適時打を浴び、肩を落とす床田㊨と会沢

 【広島23阪神】(6日、甲子園)

 広島東洋カープは34年ぶりの阪神戦開幕10連勝を逃した。20の四回、床田寛樹が2死から四球を挟んで4連打を浴びて3失点し、逆転を許した。