母校で後輩たちに「命も希望も持てない戦争を防いで」と訴える加藤さん㊨と林さん

 舟入高(広島県広島市中区)の前身、市立第一高等女学校(市女)に在学中に被爆した加藤八千代さん(93)=西区=7日、母校で体験を証言した。後輩に「今日明日の命が奪われないことを約束できる時代を、これからも守り続けて」と訴えた。