経営難を受け、吉賀町が公設民営化により存続を目指す六日市病院

 中山間地域の島根県吉賀町六日市で、住民の健康を守ってきた六日市病院が、経営悪化で存続の危機にある。生活に欠かせない施設として、町は公設民営化による存続へ動くが、大きな財政負担がのしかかることになる。人材確保なども含め、国の責任で中山間地域の医療を守るよう求める声は大きい。