戸田工業が製造するナトリウムフェライト。ペレット状㊧や粉状に加工できる

 化学素材メーカーの戸田工業(広島市南区)は7日、産業ガス大手のエア・ウォーター(大阪市)、埼玉大と共同で低コストの二酸化炭素(CO2)回収装置を開発し、2027年度ごろに発売すると発表した。ナトリウムと鉄、酸素の化合物を使う技術が、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募事業に採択された。(桑田勇樹)