大芝国民学校の救護所に娘と入院し、撮影直後に亡くなった母親。看取った家族は中国放送の取材に名前は竹内ヨ子コさんだと答えている(菊池俊吉さんが1945年10月11日ごろ撮影、田子はるみさん提供)

 写真家の故菊池俊吉さんが1945年10月11日ごろに撮った大芝国民学校(現広島市西区の大芝小)の救護所は、板張りの教室に入院患者を収容していた。もともと理科室という部屋に、症状の重い母と娘がぐったりと横たわっていた。