「山上楽園」(京都市美術館所蔵)

 岡山県笠岡市立竹喬美術館では、近代京都画壇で双璧の1人と称された画家、山元春挙(やまもとしゅんきょ)(18721933年)の特別展を開催しています。双璧のもう1人は竹内栖鳳で、小野竹喬の師匠に当たる画家です。現代では春挙の知名度は栖鳳ほど高くありませんが、当時の美術工芸作家としては最高峰である「帝室技芸員」に任命されるなど、生前の春挙の評価は今以上に高かったことがうかがえます。