※表紙の下にまんががあります。

 
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
 
 
原爆による広島壊滅(かいめつ)の翌(よく)1945年8月7日の中国新聞社。広島師団(しだん)司令部(しれいぶ)報道(ほうどう)班員(はんいん)だった岸田(きしだ)貢宜(みつぎ)さん撮影(さつえい)=孫の岸田哲平さん提供

※右下の「拡大する」をクリック(タップ)すると大きく表示されます。右の矢印(>)をクリック(タップ)すると進みます。左の矢印(<)をクリック(タップ)するともどります。

原爆と中国新聞社

 194586日、人類じんるい史上しじょうはつ原爆げんばく投下で、広島のまちは破壊はかいくされました。爆心地ばくしんちから東にやく900メートルに位置いちした中国新聞社=広島市上流川町(中区えびす町)=きゅう本社は全焼し、本社員の3分の1に当たる114人がくなりました。

⇨漫画「声の新聞」に作者が込めた思い

 しかし、生きのこった社員たちは自らの被爆ひばくや肉親をうしなった悲しみをして、新聞発行の再開さいかいに取り組みます。壊滅的かいめつてき打撃だげきから立ち上がった中国新聞は、原爆げんばく惨禍さんか被爆ひばく実態じったいほうじ、核兵器かくへいき廃絶はいぜつうったえる国内外の動きや声を世界に発信はっしんつづけています。

 中国新聞社はことし、創刊そうかん130周年しゅうねんむかえました。未来みらいになう子どもたちに、先人の不屈ふくつ精神せいしんを伝え、「あの日」は何を問いかけるのかを考えてもらいたい―との思いから、記録きろくや手記をもとに、まんが「被爆地ひばくちの新聞社」(全4ぺん)を制作せいさくしています。うち1ぺん掲載けいさいします。

⇨「原爆の日」特集はこちら

 ウクライナへのロシア侵攻しんこうなどで核兵器かくへいき使用のおそれが高まる今、真に平和な世界の実現じつげんに向けて「被爆地ひばくちの新聞社」を読み進めてもらえば幸いです。

▽まんがの内容

 原爆げんばく投下時、広島県内で唯一ゆいいつ出ていた中国新聞は本社が全焼ぜんしょうし、発行できなくなりました。

 朝日新聞、毎日新聞の両大阪おおさか本社や西部本社(福岡ふくおか県)による代行印刷いんさつで、広島壊滅かいめつ3日後の89づけで中国新聞は再開さいかいします。

原爆による広島壊滅(かいめつ)の翌(よく)1945年8月7日の中国新聞社。広島師団(しだん)司令部(しれいぶ)報道(ほうどう)班員(はんいん)だった岸田(きしだ)貢宜(みつぎ)さん撮影(さつえい)=孫の岸田哲平さん提供

 しかし、被災ひさい者の救援きゅうえん救護きゅうご食糧しょくりょう配給はいきゅうなど必須ひっす情報じょうほうはなく、それらをつたえるために、結成けっせいされたのが、自らも被爆ひばくした記者たちによる「口伝隊くでんたい」です。のこった広島東警察署けいさつしょかれた臨時りんじ県庁けんちょう拠点きょてん終戦しゅうせんまで活動します。

 この漫画まんが口伝隊員くでんたいいんつとめた八島やしまナツヱ記者(2006年に87さいで死去)の手記や当時の社員がのこした記録きろくをはじめさまざまな資料しりょうをもとにしたフィクションです。

▽主な登場人物

 

報道ほうどう部記者 大佐古おおさこ一郎いちろうさん
原爆げんばくが投下された86日の広島市内に入り、直後からの惨状さんじょうを書きめました

㊥写真部記者 けん 中国軍管区ぐんかんく司令しれい報道ほうどう班員はんいん 松重まつしげ美人よしとさん
被爆ひばく直後の市民の惨状さんじょう唯一ゆいいつカメラにおさめました

㊧理事 山本あきらさん
原爆げんばくに次ぐよく9月の枕崎まくらざき台風―。り返される惨禍さんかくっすることなく、社員たちとともに新聞の自力発行を目指します

 原爆げんばくで本社が全焼ぜんしょうした中国新聞社。生きのこった記者たちはかつてない事態じたいの中で、苦悩くのういかり、葛藤かっとうかかえながら取材しゅざいつづけます。一方、疎開そかいしていた1台の輪転機りんてんきで新聞のさい発行を目指して奮闘ふんとうする社員たちも…。八島ナツヱさんへんふくめて全4ぺん構成こうせいするまんが「被爆地ひばくちの新聞社」は年内に発行し、広島県内の小中高などに寄贈きそうする予定です。ご期待ください。

<関連記事>