5年ごとの国勢調査に基づく広島県の推計値によると、9月1日現在で県の人口は283万489人。ピークの1998年から約5万5千人減った。2005年に死亡者数が出生者数を上回る「自然減」に転じ減少傾向が本格化した。