広島電鉄本社

 広島電鉄(広島市中区)は4日、広電宮島口―広島駅間で5~12日の平日に減便すると発表した。同区間で信号の切り替えなどを担当する運行管理者に、新型コロナウイルス感染や濃厚接触が相次いだため。社員の感染に伴う減便は、同社では初めてとなる。広島県内では広島バス(同)も減便しており、感染「第7波」の影響が公共交通に広がっている。