8月6日の平和へいわ記念きねん式典しきてんで、こども代表だいひょうげた「平和へいわへのちかい」をんでみましょう。

 

平和へいわへのちか

あなたにとって、大切たいせつひとだれですか。
家族かぞくともだち、先生せんせい
わたしたちには、大切たいせつひとがたくさんいます。
大切たいせつひと一緒いっしょごす。わらう。
そんなたりまえ日常にちじょうはとてもしあわせです。

昭和しょうわ20年(1945年) 8月6日午前ごぜん81 5ふん
みちころがる死体したい
死体したいくされたかわ
みずをくれ。」「みずをください。」というこえ
大切たいせつひと一瞬いっしゅんくし、たりまえ日常にちじょう未来みらい突然とつぜんうばわれました。

あれから77年ちました。
いまこの瞬間しゅんかんも、日常にちじょううばわれているひとたちが世界せかいにはいます。
戦争せんそうは、むかしのことではないのです。

自分じぶん優位ゆういち、自分じぶんかんがえをとおすこと、それは、つよさとはえません。
本当ほんとうつよさとは、ちがいをみとめ、相手あいてれること、おもいやりのこころをもち、相手あいて理解りかいしようとすることです。
本当ほんとうつよさをもてば、戦争せんそうこらないはずです。

過去かここったことをえることはできません。
しかし、未来みらいつくることができます。
かなしみをめ、がった被爆者ひばくしゃは、わたしたちのために、平和へいわ広島ひろしまつくってくれました。

今度こんどわたしたちのばんです。
被爆者ひばくしゃこえき、おもいを想像そうぞうすること。
そのおもいをたくさんのひとつたえること。
そして、自分じぶんまわりのひと大切たいせつにし、たがいにたすうこと。

世界せかいじゅうひとに、平和へいわ景色けしきうつされる未来みらいつくるため、わたしたちは、行動こうどうしていくことをちかいます。

れい4年(2022年)8月6日
こども代表だいひょう
広島ひろしま市立しりつのぼりちょう小学校しょうがっこう6ねん バルバラ・アレックス
広島ひろしま市立しりつ中島なかじま小学校しょうがっこう6ねん 山崎やまさき りん