広島県選管は16日、2014年12月の前回衆院選の県内の投票結果について、期日前投票者数に誤りがあったと発表した。「28万8387人」としていたが、正しくは2人少ない「28万8385人」だった。16年に総務省の指摘を受けて同省に修正報告したが、内部の修正作業を怠ったため、衆院選の結果に関する冊子に誤って記載していた。開票結果や投票者総数は変わらない。