勝負強さを欠いていた坂倉が、7試合ぶりに適時打を放った。