「平和への誓い」を宣言する山崎鈴さん㊧とバルバラ・アレックスさん
「平和への誓い」を宣言する山崎鈴さん㊧とバルバラ・アレックスさん

 原爆の日の6日、広島市中区の平和記念公園での平和記念式典で、こども代表の幟町小6年バルバラ・アレックスさん(12)と、中島小6年山崎鈴(りん)さん(11)が「平和への誓い」を発表した。

 「あなたにとって、大切な人は誰ですか」と問いかけ、原爆で多くの命が奪われたあの日の惨禍を想起。「戦争は、昔のことではないのです」として、争いを避けるため、思いやりや相互理解の大切さを説いた。

 次代を担う若い世代として、被爆者の声を聞き、多くの人にその思いを広げると決意。「平和な景色が映し出される未来をつくるため、私たちは行動していく」と声を響かせた。

【平和への誓い全文】