アウクスブルク戦の前半、競り合うフライブルクの堂安(右)=アウクスブルク(共同)

 【アウクスブルク(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは6日、各地で開幕節が行われ、PSVアイントホーフェン(オランダ)からフライブルクに移籍した堂安律は敵地のアウクスブルク戦で3―0の後半33分に今季初ゴールを挙げた。同36分までプレーし、4―0の快勝に貢献した。

 ボルシアMGに新加入した板倉滉はホームのホッフェンハイム戦にフル出場し、チームの1点目をアシスト。試合は3―1で勝った。

 原口元気のウニオン・ベルリンはホームでのヘルタとのダービーマッチを3―1で制した。ボーフムの浅野拓磨は1―2で敗れた本拠地でのマインツ戦にフル出場した。