希望の党が3日発表した衆院選の第1次公認候補で、中国地方の小選挙区は12人が入った。同党への合流に伴い公認を得たい考えを示していた民進党出身者12人のうち7人と、自由党出身者1人が含まれている。