衆院が解散した28日、広島県選管は衆院選(10月10日公示、22日投開票)と知事選(10月26日告示、11月12日投開票)について、県内の市区町選管との事務打ち合わせ会を広島市中区で開いた。県選管によると、両選挙の時期が近接し、打ち合わせを同時にするのは初めて。野党再編が流動的な中、県選管は「短期間に二つの選挙の業務が集中する。細心の注意を」と引き締めた。