飽きのこない素朴な味わい。ニンニクと青唐辛子を効かせて(撮影・福井宏史)

 パパイアは、黄色やオレンジ色に熟した甘い南国のフルーツというイメージが強い。熱帯、亜熱帯性気候の地域で生産される果物は、熱帯フルーツと呼ばれ、バナナやパイナップル、マンゴーが代表的で、パパイアもその一つだ。しかし現地では、熟した果肉を果物として食べるだけでなく、未熟なうちに収穫し、その青い果実や花、芽などを野菜として食べる。