公開が始まった原爆罹災者名簿

 原爆で行方が分からなくなった人の消息を知る手掛かりとなる、原爆罹災(りさい)者名簿の公開が1日、広島市中区の広島国際会議場3階研修室で始まった。2万3039人分の名前や最期の状況を確認できる。6日まで。

 1968年に広島東署から発見された検視調書や周辺町村の避難者名簿、戦災者名簿など計83冊がある。名前や死因、被爆当時の住所などが書かれている。希望者は捜している人の名前を受付で申請し、載っていれば閲覧できる。初日は2人分の申請があったが、確認できなかった。

 市は68年から毎年この時期に名簿を公開。昨年は52人の申請のうち、16人の確認につながった。市平和推進課は「行方が気になる方の心のつかえが少しでも軽くなれば」と話す。

 会場では、名前が判明しながら引き取り手が見つかっていない原爆供養塔の納骨名簿も掲示。原爆死没者名簿の登録申請や国立広島原爆死没者追悼平和祈念館(中区)への遺影登録も受け付ける。市平和推進課=電話082(242)7831。(伊藤友一)